« 2009年5月 | メイン | 2009年7月 »

2009年6月 アーカイブ

2009年6月 3日

ギャラリーアッシュ ~2年次コース作品展

ギャラリーアッシュでは、今週から美術科コースの作品展を開催します。

これから、メディア表現・日本画・染織デザイン・洋画・彫刻・グラフィックデザイン・陶芸デザインと週替わりで2年次コース作品展を開催していきます。
どのコースも2年生になり本格的な専門実習をスタートしたばかり、新鮮フレッシュな作品が並びます。

今週の開催は、メディア表現コース。

media1.JPG

media2.JPG

作品は、創るばかりではなく、展示をすることで人に観てもらうことも表現の一部であると思います。

我々は、作品を作り上げたという達成感と同時に、これで良いのかと不安感と、次はどうすれば良いのかという焦燥感が生まれます。そして次の作品へステップしていくために展示・発表し、人の目に自分自身を晒すことで、新たなエネルギーを得ることができると思います。

media3.JPG

media4.JPG

そんなアッシュでの展示が、美術を学ぶ学生にとって貴重な体験のひとつとなってもらいたいと考えています。 
                                         (日本画コース 荒木然一)

2009年6月 8日

ミニオープンキャンパスを開催します

美術科では、ミニオープンキャンパスを開催します。

miniopencampus.jpg

内容は、デッサンとイラストを中心とした AO入試の実技に対応した講習会形式のオープンキャンパスです。
日時は、6月14日・21日・28日の毎日曜日、10時から15時です。
連続の参加、一日のみ・半日のみの参加もOKです。
申し込みは、shomud@hijiyama-u.ac.jp まで。前日まで受付可能です。

miniopen1.jpg  miniopen2.jpg

美術を学ぶ者にとって、デッサンは表現の基本として必要不可欠なもでしょう。
また、自由なイメージを多彩な素材を用いて表現するイラストは、アート世界の入り口ではないかと思います。
そんなデッサンとイラストを、このミニオープンキャンパスで体験してみてください。

miniopen3.jpg  miniopen4.jpg

総合生活学科でも、6月にミニオープンキャンパスを開催します。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

展覧会のお知らせ ~ 『rit.』 梅野 睦 個展

『rit.』 梅野 睦 個展 を紹介します。

umeno.jpg

梅野 睦さんは、2003年 比治山大学短期大学部 美術科専攻科を卒業後、武蔵野美術大学造形学部 油絵科 に3年次編入をし、2005年同大学を卒業後東京に残り、個展やグループ展を中心に発表活動を続けています。
「学生の頃は、裸婦のクロッキーを繰り返し、それをもとに制作していました。
今は東京で生活しつつ、制作を続けています。
1年前に仲間と借りていたアトリエを解散してから、制作する環境がうまくつくれず、戸惑いと不安がずっと消えない状態が続いていました。
そんな中、途切れながらも描いているうちに、作風も少しずつ変わってきました。」
今年3月に『c-37』という比治山大学美術科洋画コースの卒業生たちで行った展覧会での彼女のコメントです。今は、描画材料を柿渋に変え、模索しながら前向きに制作しているようです。
                           (洋画コース 木本雅典)

会場:PNB-1253 ブック・カフェ・ギャラリー 埼玉県秩父郡皆野町下田野上川端1253-1
期間:2009.6.11(木)~23(火)
http://www.pnb-1253.com/

ワークショップ「柿染めを使って絵を描こう!」が期間中開催されます。

2009年6月 9日

ギャラリーアッシュ ~ 日本画コース作品展

ギャラリーアッシュでの美術科コースの作品展
今週は、日本画コースの作品展です。

大学入学前の美術体験として日本画制作を経験した学生は、ほとんどおりません。
日本画コースを選択した学生は、大学に入って初めて日本画の素材に触れることになります。そういう意味でも日本画独自の素材に触れることは楽しみでもあり、苦しいことも多くあるのではないかと思います。

nihonga3.jpg nihonga2.jpg

1年生で、絵画基礎的なデッサンやクロッキー、水彩などの描写を学び、日本画素材として膠や水干絵具、胡粉などを扱いますが、本格的な専門コースの実習は、2年生になってからスタートしていきます。

nihonga7.jpg  nihonga5.jpg

今回の展示している作品は、そんな1年時の水干絵具を中心に用いた「野菜・果物修作」と、2年生最初の作品で、本格的な日本画制作となる「叢(くさむら)」です。
日本画独自の岩絵具で表現する、春から初夏にかけての自然の緑の世界が広がります。

nihonga11.jpg  nihonga4.jpg 

岩絵具との付き合いが始まったばかりで、多くの学生が悪戦苦闘していますが、でもそれは、心地の良い苦労だと思います。そんな辛さがあってこそ次へのステップが生まれてくるものでしょう。                  (日本画コース 荒木然一)

2009年6月16日

ギャラリーアッシュ ~ 染織デザインコース作品展

ギャラリーアッシュでの美術科コースの作品展
今週は、染織デザインコースの作品展です。

%E4%BC%9A%E5%A0%B4%EF%BC%91%E5%B0%8F.jpg

6月15日(月)から21日(日)までギャラリーアッシュで染織デザインコースの作品展をおこなっています。
出品している作品は、2年生の①シルクスクリーンプリントと②型絵染の作品です。

%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%82%AF%E4%BD%9C%E5%93%81%E5%B0%8F.jpg 

シルクスクリーンプリントの作品は、フロッタージュやデカルコマニーで身近な形を探し、それをコラージュしてシルクスクリーンの版を作り、90㎝×200㎝の布に連続プリントとして制作しています。
学生は大きな布を前に始めのころこそ少し戸惑いがあるようですが、仕事が進むにつれ、夢中に制作に取り組んでいました。


 %E5%9E%8B%E6%9F%93%E3%82%81%EF%BC%88%E9%87%91%E5%AD%90%E5%B0%8F%EF%BC%89.jpg

静物をモチーフにした型絵染は、伝統的な染織技法の一つです。形への意識と直接筆で色差しが出来る彩色工程にポイントを置いて指導しています。
学生の持つ色彩感覚はとても豊かだと思うのですが濃淡や明暗に対する意識が少し薄いように思います。いつも「暗い色と明るい色、薄い色と濃い色、重い色と軽い色」など耳にタコができるほど繰り返して話をしています。


%E4%BC%9A%E5%A0%B4%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%B0%8F.jpg

布には布の展示方法があると思って展示しています。今回はどうでしょうか。  
                                    (染織デザインコース 寺田勝彦)

2009年6月18日

展覧会のお知らせ ~  彫刻道6号線

「彫刻道6号線」のご紹介

%E5%BD%AB%E5%88%BB%E9%81%93.jpg

美術科彫刻コースの研究生を修了した仲の良い香川絢子・宰 知子・三上可奈子・高岡友紀(旧姓山田)・坪田由香里(旧姓柳川)さんたち5人のメンバー、就職、結婚等それぞれの道を歩みながらも年に1回集まり行ってきた展覧会も今回で早や6年目。
これまで小品ではありますが一人が2~3点ずつ毎年出品、それぞれの独自性を打ち出した個性的な作品の発表を行ってきています。具象のみならず抽象的表現の作品も加わった見応えのあるグループ展です。
お近くにお越しの節は、是非お立ち寄りください。
                               (彫刻コース 奥田秀樹)

会場:ギャラリー718 広島市中区袋町 7−18  TEL 082-247-1010
期間:2009.6.23(火)~28(日) 11:00 〜 19:00 最終日は18時まで

2009年6月22日

展覧会のお知らせ ~  まちろ展

まちろ展をご紹介します。

GetAttachment-3.aspx.jpeg

染織コース卒業の西嶋 真理子さんと油絵コース卒業の城戸 千尋さんの二人展です。

GetAttachment-1.aspx.jpeg GetAttachment.aspx.jpeg

梅雨空の下ですが、爽やかな自然の風を感じるような展覧会です。
近くにお越しの節は、ぜひ、お立ち寄りください。     (日本画コース 荒木然一)

会場:gallery G 広島市中区八丁堀4-1 アーバンビューグランドタワー公開空地内  
期間:6月30日(火)~7月5日(日)  11:00~20:00(最終日~17:00迄)

2009年6月23日

ギャラリーアッシュ ~ 洋画コース作品展

ギャラリーアッシュでの美術科コースの作品展
6月22日から26日までは洋画コース2年生の展示です。

IMG_2180.JPG  IMG_2181.JPG

 大学に入学してから油絵を始めた学生も多く、油絵の具に慣れることとものをしっかり観察することを中心に取り組んで描いた1年次の15号の静物と2年生になってから描いた20号の裸婦、基本的なことを学習し自己の表現にも目を向けることを含んで制作した50号の自由制作を展示しています。

IMG_2174.JPG IMG_2179.JPG

IMG_2182.JPG

油絵の具にも徐々に慣れ、これから自分の表現を捜し求めて充実した制作の期間に入っていきます。
                                            (洋画コース 木本雅典)

2009年6月29日

ギャラリーアッシュ ~ 彫刻コース作品展

ギャラリーアッシュでの美術科コースの作品展
今週、6月29日から7月6日までは、彫刻コースの作品展です。

IMG_2158.JPG  IMG_2164.JPG  

彫刻コースでは最初に頭像(老人モデル)制作、そして裸婦モデルによるトルソ(胴体部分)の制作、その後立像(全身)と、主に人体モデルを中心に学んでいきます。

IMG_2187.JPG  IMG_2190.JPG


この展示は現在の2年生(とても仲の良い7名)が授業で制作してきた実習作品と専攻科生が昨年度県美展に応募し受賞・入選した作品などを中心に展示しています。

IMG_2160.JPG  IMG_2162.JPG  IMG_2157.JPG


粘土で形を作る塑像彫刻はとても時間のかかる仕事ですから数沢山はできませんがじっくり取り組んできた実習作品を展示しています。        (彫刻コース 奥田秀樹)

About 2009年6月

2009年6月にブログ「美術科」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。